9割バイク。その他1割。

2014年仕様のCBF125に乗ってます。オレンジ。sdh125 51A

Chuwi Hi 10 Plus に Linux Mint を入れてみた。

またまたお久しぶりの更新。

 

アクセス履歴見てると、意外とChuwi Hi 10 Plus についての記事へのアクセスが多いことに気づく。笑  ↓この記事。

magiclassroom.hatenablog.com

やっぱ海外通販も身近になって、こういう曲者の購入を検討する人も増えてるのかなと。

で、購入するとなったら事前の情報収集は大事なんだけど、日本語でのレビューがそんなにないおかげで(?)このブログにたどり着いてくださるのでしょう。

 

まぁそんなこんなで今回もHi 10 plus についての記事です。

なぜそんなことをしてしまったのか

僕はHi10をサブPCとしてwindowsメインで使ってたわけですけども・・・。

普段はそれなりのスペックのデスクトップPC使ってるせいで・・・。

 

Hi10の動作がもっさりしてる

 

と、感じる・・・。(まぁメインPCと比べるのが悪いんだけど)

 

どうにかこうにかならないかと思っていろいろしてみたけど、そんなに劇的に速くなるようなことはできなかった。

 

そこで思いついた解決策が!!

 

そうだ、Linux Mint を入れよう!!

Linux Mint とは、OSのことです。

Windowsとか、Androidとか、Mac OSとかは聞いたことあると思うんですけど、

Linux Mintもそのお仲間さんです。

 

なぜこの発想に至ったかというと、

実は僕、以前押し入れで眠ってた7年前くらいに2万円で買ったノートPCにMintを入れたことがありまして、

そのときにWindowsの時とは比べ物にならないくらい速くなりMintすげぇ!ってなったことがあります。

そこで、Hi10にもMint入れたら結構快適になるんじゃね?っていう安直な考えです。

 

AndroidWindowsデュアルブートも良かったけど、どうせAndroidはそんなに使ってなかったし、思い切ってLinux mintのシングルブートにしました。

 

同じような発想に至る人もいるかもしれないので、インストールなどの方法を書いていこうと思います。

 

と、その前に

 僕の場合は一応無事(?)Mintをインストールできましたが、みなさんも必ず成功するという約束はできませんので、行うときは必ず自己責任でお願いします。

なお、僕自身PC系の知識にそこまで明るくないのでもし誤りなどございましたらご指摘のほどよろしくお願いいたします。

 

インストール手順

前準備

大事なデータ等は必ずバックアップを取っておきましょう。

今回、シングルブートにするので、今あるデータをすべてMintで上書きします。

よって消えたら困るデータなどは別のPCなどに避難させておいてください。

必要なもの

 

インストールメディア作成

今回はBIOSからUSBメモリ内のMintを呼び出してそこからインストールします。

ここで必要になるものは、

と、USBメモリです。

  1. 上の2つをダウンロードして使える状態にしておく
  2. USBメモリを挿す(中身は何も入ってない状態にしておいてください。)
  3. LinuxLive USB Creatorを起動し、USBメモリとisoファイルを指定
  4. その他適当に設定し、実行(フォーマットはチェック入れたほうがいいです。)

 

と、これで数分待てば無事USBメモリからMintを起動できるようになります。

BIOSからMintを起動してインストール

 ここから物々しい感じになりますががんばりましょう。

  1. BIOSに入る。
    本体を再起動させ、最初のChuwiのロゴが出てきた画面でEscキーを押しましょう。
    英語が書かれた画面になれば成功です。
    失敗したら成功するまでやりましょう。
    ↓みたいな画面です。https://chinagadgetsreviews.com/wp-content/uploads/2016/10/bios.jpg
  2. Save&Exitの中のBoot OverrideからUSBメモリを選択します。
  3. ↓のような画面になったら(拾い物なので、実際の画面とは少し違います。)キーボードのeボタンを押してください。http://oi49.tinypic.com/6ql6bp.jpg
  4. また英語の画面が出てくると思うので、その中の
    quiet splash
    をg
    nomodeset
    に書き換えてください。
    この時、NumLockがかかってる場合があるので、その時はFnキーとNumLockキーを同時に押して解除してください。
    書き換えたらF10キーを押せばMintが起動するはずです。
  5. 問題なくMintが動くことを確認したらインストールを実行します。
    今回、シングルブートにするので今のOSをすべて消す設定で行きました。
    インストールの際、パーテーションに失敗しました(スワップ領域がどうのこうの)とかいうエラーが出ましたが、また何度が再起動してチャレンジしてみると解決しました。
    また、UEFIモードに書き換えますか的なポップアップもでてきましたが、UEFIモードにとどまるを選択しました(日本語おかしい笑)
  6. インストールが完了したら再起動して、本体にインストールされたMintを呼び出します。
    この時、Chuwiのロゴが出てきたあとから真っ黒な画面で何もおこらなかったのですが、
    Chuwiのロゴの直後にEscキーを押し、手順4と同様のことをすれば起動するようになりました。
  7. Mintが起動すると思います。ただ、毎回手順6のようなことをするのはめんどくさいので、
    /etc/default/grub
    の中身を編集します。普通に開くと読み専用になるので、書き込みできるように管理者として開くで開いてください。そして、
    GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="nomodeset"
    にしてください。
    その後、Ctrl+Alt+Tでターミナルを起動して、
    sudo update-grub
    行う。

 諸々のアップデート

アップデートマネージャを開いて、アップデートが必要なものをすべてアップデートします。

ちなみにカーネルも最新のやつにアップデートしておいたほうがいいでしょう。

 

感想

やっぱしMintは軽い!!

初期状態ではWifiやタッチスクリーンが利用できないので、

techtablets.comここを参考にいろいろ設定していきます。(需要があれば書きます。)

 

僕の場合は一応Wifiとタッチスクリーンは使用できるようになりましたが、

サウンドとBluetoothが解決してません。

今後カーネルのアップデートでなんとかなることを期待してます。

 

 

とりあえず、さくさく動くのでとても満足です!!!!!!!!